安全なキャットフードを購入しよう

家族同然のペット、猫に与える食事はどのように考えていますか?
猫の食いつきが良いから、価格が安価だから、添加物が少ないから
様々な理由で食事であるキャットフードを与えている人がほとんどだと思います。
しかし、キャットフードには多くの材料が使われており
その分、猫に対する負担が多いキャットフードも存在しているのです。
安心、安全なキャットフードを購入するためのキャットフード事情を紹介します。

 

安価なキャットフードの中には「肉」が含まれています。
この「肉」は人間が食べるような肉ではなく、
廃棄肉や安楽死させられたペットの肉です。
とても信じられない話ですが、実際、ペットフードの原材料には
きちんと表示されています。このような肉が使われる理由は
低価格でキャットフードを提供できることにあります。
原材料名の表示は【肉類(ミートミール、ラムミール等)】などと表記されています。
CMで有名なキャットフードもこのような材料が使われています。

 

実際にスーパーに売っているのですから、購入する人おり
猫に与えている人も多いです。
しかし、自分の家族の猫が、このような肉を使用したキャットフードを食べていると思ったら
少しキャットフードの与え方を考える人もいるでしょう。
キャットフードの原材料をよく読んでみると農薬や添加物など
人間が絶対に口には含まないものが含まれていたりします。

 

このようなキャットフードを食べ続けるとどうなるのか
栄養失調が起こったり、つやのない毛並みになる、アレルギー、口が臭い
便が臭いなど、少なからず猫への影響はあるのです。

 

猫が安全に食事ができるように、飼い主は安全なキャットフードを選ぶ必要があるのではないでしょうか。
キャットフードを選ぶときに注目する点をまとめました。

 

肉の副産物、ミートミールは絶対にダメです。
このような肉は人間が決して口にするものではありません。
添加物はできるだけ避けましょう。
エトキシン、BHD、BHTといった防腐剤が入っているものは避けましょう。
使用していないキャットフードには必ず「エトキシンは使用していません」と表示があります。
このような表示は義務化されていないので仮に使っていても表示していないことが多いです。
ですから使用していないことを表記してあるキャットフードを選びましょう。
半生タイプはダメです。
市販のフードの中でも最も危険なフードです。
添加物、着色剤、防腐剤が過度に含まれています。
グレイン(穀物)は猫に合いません。多くのキャットフードには穀物が使われています。
なぜならキャットフードが安価になるためです。栄養は全くなく、ただのかさましになります。
下部尿路疾患に対応しているものを買いましょう。
低マグネシウムで尿路疾患予防成分が含まれているものが猫の健康のために最適です。

 

大切な猫の食生活を飼い主である人間が守ってあげましょう。

キャットフードのおすすめ人気商品はコレ!

キャットフードは数多く販売されていますが、一体どれがいいのでしょうか。成分などを比較して検討することもおすすめですが、人気商品を試してみてはいかがですか。いくつかの人気商品をご紹介しますので、この中からおいしく食べてくれるキャットフードを見つけてあげてください。

 

・ロイヤルカナンインドア 室内で生活する成猫(生後12ヶ月齢以上)用

 

室内で多くの時間を過ごす猫は運動量が少なくなっています。そのため、肥満体型にならないよう、カロリーを抑えて作られています。もちろん消化率が高い良質なたんぱく質と食物繊維を配合し、健康面も考慮しています。また、飲み込んでしまった毛の排せつを促し、糞便の臭いを軽減する成分も含まれています。

 

 

・ペットライン メディファス チキン味/フィッシュ味

 

猫の下部尿路の健康に重点を置いて作られた国内生産のキャットフードです。製造会社は、「ヨード卵・光」でおなじみのNOSANグループの会社であり、安心して購入できると言えます。日本のペット事情をふまえ低脂肪・低カロリーで、成長段階に合わせた商品をラインナップしています。また、原材料を選び抜いた生産のため、消化吸収が良く、身体に余計な負担をかけません。

 

 

・ヒルズ プリスクリプションダイエット 猫用 マルチケア

 

ストルバイト尿石を形成されにくいように、マグネシウムやカルシウム、リンを配合しています。実際に、最短であれば2週間(平均では4週間)で効果があらわれることが科学的にも証明されているキャットフードです。また、膀胱炎を防ぐためにオメガ3脂肪酸を含み、塩分を控えているなど、健康面に配慮された信頼できる商品であると言えます。

 

 

人間と同じく、猫の健康も食べるものが大きく影響します。毎日口にするものだから、少しでも健康にいいものを食べてほしいですね。

 

 

キャットフードをマグネシウム量で比較

キャットフードを与えてすぐに、下痢や嘔吐を起こすなど、明らかに原因がわかるような場合はキャットフードに対してのアレルギーがあると考えることができます。
しかし、目には見えないかたちで、あなたの愛する猫に悪影響を与えているキャットフードもあるのです。少しでも良い物を与えてあげたい、そう考えるなら、きちんと含まれている成分を比較し、気を配ってあげることが大切です。

 

なかでもマグネシウムの含有量は、良質なキャットフードかどうかを比較する時に非常に役立ちます。マグネシウムが多く含まれていると、尿結石や腎臓病になってしまう傾向が猫にあるからです。これは、猫が毒素を体外へ排出することを苦手とするためです。

 

もちろん必要最低限のマグネシウム摂取は必要となるのですが、猫は基本的に水分摂取をあまり行なおうとしないので、他の動物よりも病気にかかりやすい体質で注意が必要なのです。また、まだ小さい子猫と、高齢の猫では必要な成分量も違ってきますので、この点も気を付けていきたいところです。

 

細かい比較までは難しいという方でも、マグネシウム含有量の少ないものを選ぶだけでも大きく違いますので、ぜひ購入前に比較検討される際に参考になさってください。